食べ物から酵素を摂ってダイエット

酵素ダイエットとは酵素を摂り入れるダイエット法のことです。激しい運動はしなくてもよいです。
では具体的にどのように行うのでしょうか。

酵素とダイエットの関係

体内では消化酵素と代謝酵素が作られています。1日の生産量、一生の生産量は決まっています。消化酵素は食物の分解、代謝酵素は解毒、新陳代謝などを行っています。

歳をとると酵素の生産量が減少します。その他にも食品添加物、ストレス、大気汚染、タバコなども酵素を消費します。酵素が不足すると体の機能が滞ってやせにくくなります。

酵素にはもう一つ食事から摂れるものがあります。消化を助けて消化酵素を節約してくれます。消化酵素を節約できると、代謝酵素が増えて代謝が活発になりやせやすくなります。

酵素が摂れるもの

酵素は48度以上の熱を加えると活性が失われます。活性が失われた酵素を摂っても消化酵素の節約はできず、代謝はよくなりません。

酵素は生の食品に多く含まれていて、生野菜、果物、刺身などから摂れます。発酵食品にも含まれていて、納豆、キムチ、ヨーグルト、漬物などで酵素を補えます。

でも、生野菜をたくさん食べるのは大変だし、生では食べにくいものもあります。そんなときはグリーンスムージーがおすすめです。生の野菜と果物をたっぷりと使っているので酵素が豊富に含まれています。

ミキサーで植物の細胞を壊していてかさが減るので摂りやすいです。酵素は細胞の中に閉じ込められているのですが、細胞を破壊することで酵素を効率的に摂取できます。

やり方

酵素を食前に摂ると、後から胃に入ってくる食べ物の消化の準備ができます。食前にグリーンスムージーを飲んだり、生野菜を食べるのがおすすめです。果物は他の食べ物と一緒に摂らない方がいいといわれているので、グリーンスムージーは食事の30分前くらいに飲みます。

グリーンスムージーは作ってから時間が経つと酵素と栄養が減少するので、飲むたびに作るのが理想です。無理なら冷蔵庫で保管しておきます。