ダイエットに運動する時間帯はとても重要なポイント

脂肪の燃焼を効率よく促すために運動する時間帯はとても重要なポイントとなります。

運動はいつでも行えば良いと言うわけではなく脂肪が燃焼しやすい時間帯というものがあります。まずは早朝ですが朝早くですとしっかりと体が起きてない状態になります。

体が固まっていたり体の温度も低いためいきなり激しい運動すると怪我をしてしまったり体を痛めてしまうリスクがあります。そのため朝1番の運動する場合は、体を慣らす程度のストレッチやウォーキングといった軽度の運動行うと良いです。本格的に運動する時間帯としては、明るい時間帯が良いです。

明るい時間帯の中でも特に脂肪燃焼を促進できる時間帯は夕方です。夕方は、その日の日中に動いている分代謝が十分に上がっており消費カロリーも大きく運動も効率的に行う事が出来ます。

メンタル面でも運動するモードに入っているため運動に切り替えやすい時間帯でもあります。さらには、成長ホルモンが最も分泌されやすい時間帯ということが研究でも分かっています。

また、体の老化を防ぐアンチエイジングや体の筋肉の量を多くするための成長ホルモンを多く分泌するには夕方の運動が良いとされています。逆に効果が薄いと言われているのが夜間の運動です。夜は当然睡眠に入る前の段階となります。夜はしっかりと睡眠をすることで成長ホルモンが分泌される時間帯となります。

その夜の睡眠の前に目が覚めてしまうような運動していると交感神経を刺激してしまいしっかりと睡眠を取って成長ホルモンの分泌を促す事が出来なくなってしまいます。さらに寝不足になってしまうとストレスホルモンが分泌されてしまい逆に食欲を増やしてしまったり成長ホルモンの分泌の妨げにもなってしまいます。

夜はしっかりと寝ることが大切なためどうしても夜に運動する場合には、軽いストレッチなど体をほぐす程度の運動にしておく事が大切です。夜に運動行うとコルチゾールが上昇します。

このコルチゾールが上昇すると脂肪の体内への蓄積を促進させてしまったり成長ホルモンの分泌を抑制してしまいます。コルチゾールが上昇しにくい日中の時間帯に運動する事がダイエット効果に繋がりやすい時間帯となっています。

以上、ダイエットを目的として運動するのであれば時間体にも気を付けて行う事がとても重要となります。時間がある場合は可能な限り日中に運動を行い朝や夜は軽いストレッチやウォーキングを実施すると効果的です。